未分類

門脈シャントってどういう病気??どうして発作が起きるの??

門脈シャントの病態

正常な犬では、体の中の毒素は腸管から吸収され、門脈と呼ばれる血管を通って肝臓で無毒化されます。しかし、門脈と後大静脈をつなぐ血管(シャント)が存在することにより、肝臓で無毒化される毒素が全身にまわってしまい、様々な症状を引き起こします。

上記は、正常な肝臓(緑の点は、アンモニアなどの毒素を表しています)

門脈シャントの2つのタイプ

門脈シャントは先天性と後天性の2つに分けられます。(他にも肝臓内、肝臓外という分け方もありますが、この記事では肝臓外のシャントについて説明します。)

・先天性門脈性シャント

先天性とは、簡単に言うと生まれつきということです。この場合、門脈と後大静脈の間に一本の太いシャントがあるということが多いです。

毒素が体中にまわってさまざまな症状を引き起こされます。

また肝臓の成長に必要な成長因子も肝臓を迂回するので、肝臓が小さい、小肝症を呈します。

動物病院で、肝臓が小さいねと言われたら疑っても良い病気の一つだと考えます。

比較的、小型犬(チワワ、トイプードル、ヨークシャーテリアなど)、若齢で多いです。

門脈と後大静脈の間に通路(シャント)が形成されています。
毒素が肝臓で解毒されず体中に回っていきます。

・後天性門脈シャント

後天性とは、二次的におこる門脈シャント、つまり肝臓の病気(慢性肝炎、肝繊維症、肝硬変)門脈の病気(原発性門脈低形成)の結果発生する門脈シャントであり、肝臓の病気を持つ高齢犬に多いです。

この場合、門脈と後大静脈の間に多数のシャントが認められることが多いです。

症状もさまざまな症状を引き起こします。

肝臓のダメージのため、毒素が解毒されず、かつシャント血管があるため体中に毒素が回っていきます。

症状

ふらつき、嘔吐、てんかん、痙攣発作、血尿などさまざまな症状を呈します。

個人的には若齢の小型犬で痙攣発作があるような子にはこの疾患を疑います。

診断

血液検査、エコー検査、CT検査が行われます。

確定診断には、CT検査がシャント血管を見つけやすいため用いられます。

血液検査:アンモニアとTBA(総胆汁酸)が高いのが特徴。

肝臓で代謝、分解されないアンモニア、TBAがシャント血管を通して血中に増えているためです。

他にも変化する値がありますが、主にこの2つの上がり幅が大きいです。

どうして発作がおこるのか?:低血糖発作と肝性脳症が原因です。

低血糖発作とは、血中のグルコース濃度が低くなることによって、引き起こされます。

これにはインスリンというホルモンが関与しています。インスリンは、グルコースからグリコーゲンを合成する際に使われるホルモンです。このホルモンによって血糖値が上がりすぎないようになっています。

糖尿病は、このインスリンが効きづらくなったりして血糖値がコントロールできなくなる病気です。

それに対して門脈シャントは肝臓で代謝されるはずのインスリンが体中にまわってインスリンの量が多くなることによってグルコース濃度が低くなり、低血糖が引き起こされます。

肝性脳症は単純に肝臓で代謝されるはずの毒素であるアンモニアが全身にまわり脳に障害を与えてことによっておこる病気です。

治療

外科手術 

先天性門脈シャントは、シャント血管を縛って血流が流れないようにしばる(結紮)手術が行われます。

一気に縛りすぎると、門脈にダメージを与える可能性があるので、2度、3度にわけて結紮することもあります。

また、結紮したあと術後3日間に発作が起こることがあります。これが一番怖いですね。

なぜ、発作が起こるのかは未だはっきりとはしていません。

術中の低血糖やベンゾジアゼピンという物質の影響などが考えられています。

後天性門脈シャントをもつ子は、シャント血管が作られる原因は肝臓の病気や門脈の病気が考えられるので、シャント血管をしばってもすぐ別のシャント血管ができてしまいますので、手術適用外です。

そんな子には、下記の食事療法と原因疾患の治療が対象です。

内科療法(低タンパク食など)

・アンモニアの原料であるタンパク質の少ない食事をあたえる。

・血中のアンモニア濃度が上がりすぎないように少量頻回であたえる。

こちらも詳しく言うときりがないので、またの機会に紹介します。

まとめ

動物の病気は、進行が早く病気は早期発見、予防が大切です。

若齢の小型犬を飼っている人に限らず、新しい犬をおうちに迎え入れたらなるべく早期に健康診断に連れて行ってあげましょう。