未分類

獣医学生の就職先って??

こんにちは!今回は、獣医学生5年目である僕が、獣医学生の進路、就職先について教えていきたいと思います。

獣医学を学べる大学に入ったけど、どんな進路があるのか??について詳しく知りたい方や、獣医ってぶっちゃけ儲かるの??と思っている方にはぜひ読んでほしい内容になっています。

獣医学生の進路は大きく分けて5つに分けられる!!

①小動物獣医師 
②産業動物獣医師
③公務員
④企業
⑤大学院生

小動物獣医師になる人

小動物獣医師とはいわゆる、みなさんがイメージする動物のお医者さんです。

犬、猫の病気を診断して治療する人たちです。獣医学生は入学当初はこの職業を目指す人が圧倒的大多数ですが、大学生活が進むにつれ他の職種に就くことを考える人が多くなります。

メリット、デメリットは下記の通り↓

メリット
・やりがいを感じることができる。
・開業すれば儲かる

デメリット
・勤務医は給料が安い
・激務、残業あり
・汚い、臭い、感染のリスクがある。

開業すれば大多数は儲かりますが、そこに行くまでが安給なので大変です。また、開業したとしても、借金の返済や責任感からほとんど毎日診察する日々が続くため、休みはほとんど取れないと思っています。

それでも、飼い主さんから感謝されたり、日々動物たちと触れ合うことにやりがいを感じれる人にとっては天職になるでしょう。

産業動物獣医師になる人

田舎の獣医大学を卒業する人は、大学生活中に牛や豚、鶏、馬と触れ合う機会があるので産業動物の魅力に惹かれて、この職種を志望する人が多くなってきます。

メリットとデメリットは下記の通り↓

メリット
・往診スタイルなので、比較的自分の時間が取れる。
・どうやって生産性を上げるか考えることが好きな人には向いている。

デメリット
・助からない子は処分される。
・命の危機がある。

僕個人の意見としては、結構大雑把な人が多いイメージです。
牛とかは強い動物なので、大雑把に治療しても大丈夫なのかな??

公務員になる人

各大学卒業生の中にも一定数必ずいます。食肉の衛生管理や、食中毒発生時に検査の他にも職種は多岐に渡ります。主に人の生活の安全を守るための仕事になります。

メリットとデメリットは下記の通り↓

メリット
・安定した給料と地位
・自分のプライベートの時間は確保できる。

デメリット
・単調な生活を送るかもしれない
・事務仕事が多く、動物と関わることが少ない

安定志向な人や、動物と人間の生活を守りたいと言う思いがある人には向いているかもしれません。
そして、今回紹介する就職先の中で唯一プライベートが保証されています。

企業・会社に勤める人

優秀で上昇志向の高い人が選ぶ進路先かもしれません。獣医師が就職する企業としては製薬企業をイメージするかもしれませんが、結構別分野(IT,ベンチャーなど)に就職する人もいます。

メリット、デメリットは下記の通り↓

メリット
・高給である(入る企業によるけど)
・やりがいを見つければ楽しい。
・そこそこ安定して自分の時間もある。

デメリット
・就活に参加しなくてはならない
・労働者という立場からは抜け出しにくい

企業に就職すると、入る企業によりますが比較的高給であることが多いです。また休日もしっかり取れるので非常に良い就職先になると思います。

しかし、入るまでが大変。就活に参加しなくてはなりません。

獣医は特殊なので、小動物獣医師や大動物獣医師を目指す人はインターン(実習)にお願いしますと言えば就職が決まってしまうような就職がとてもイージーです。

それに対して企業の就活は厳しいものなので、他のみんなが遊んでいる時に準備し出したり情報収集したりと非常に孤独な戦いを強いられます。

僕も企業を目指して就活したことがあるのですが、大変しんどい思いをしました。(この話はまた後日します。)

あと企業に就職しても上に上り詰めるまでには非常に多くの時間と努力を要します。はじめのスタートダッシュはいいけど気づいたら、開業した友人に年収抜かれていたなんてことにもなりかねません。

大学院生になる人

大学院生になる人は、研究を続けたい好奇心旺盛タイプか就活に失敗して仕方なくというタイプかという感じです。
自分の道を極めたいと思う方にはオススメです。

メリット、デメリットは下記の通り↓

メリット
・専門性、得意分野ができる
・教授になることもできる。

デメリット
・結果を出さなければならない
・給料はもらえない

うちの研究室の大学院生も先生に怒られながら日々過ごしています。
大変だな・・・

同年代は、給料をもらって遊んでいるのに俺は何やってんだと院生に嫌悪感を抱いてやめる人も多数います。

そのような周りの環境に左右されずに結果を出し続けられる人は向いています。(そんな人はどこでもやっていけるんですけどね笑)

まとめ

今回、獣医学生の就職先として5つの就職先を紹介しました。この他にも研究所で働いたり、起業する人もごくたまにいますが大多数が上に紹介した就職先になると思います。

それぞれのメリット、デメリットを書きましたので獣医学生の方は今一度自分の価値観と相談して進路を固めていってください。

ちなみに僕は、小動物獣医師志望ですが、スキルを3年ぐらいで身につけた後は、何か起業できたらいいなと思っています。

そのため、今はそのアイデアを構想中です。

紹介しただけが獣医の生き方ではないので、一緒に模索していきましょう!!