未分類

最近水飲む量が増えた??多飲多尿について

今回は犬猫の多飲多尿についてのお話です。
日々、ワンちゃん猫ちゃんには健康でいてもらいたいと思っている飼い主の方々
は知っておくべきことですので覚えておきましょう。

万病のもと、多飲多尿!


万病のもとというのは語弊があるかもしれません。正しくは病気になったことによって多飲多尿になることが多いです。
多飲とは、飲水量が増加している状況のことです。
また多尿とは、尿量が増加している状況です。
多飲多尿とは飲水量と尿量の両方が増加している状況であります。この多飲多尿は様々な疾患で起こる現象です。

多飲多尿を引き起こす主な疾患を示しました。
上記の他にも多飲多尿を引き起こす疾患が多々あります。

犬の多飲多尿の原因は副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)とよばれる内分泌疾患が非常に多いです。特徴としては他に、脱毛、腹囲膨満などがあります。
また子宮蓄膿症と呼ばれる未避妊メスに起こる病気の場合にも多飲多尿になります。特徴としては元気がなくなり陰部から膿のようなものが出てくると言ったものです。
猫の多飲多尿の原因としては腎不全や糖尿病などが挙げられます。

飲水量:どのくらいを目安にすればいいの??

水を多く飲むと言っても暑くなったり、運動した後などは必然的に飲水量が増えます。そのためどのくらいを目安にすればいいかというと、下記の通りです。
安静時の状態で1日の飲水量が犬:100ml/kg 猫:50ml/kgを超えるようだったら疑いましょう。

尿量:どのくらいを目安にすればいいの??

同じく尿量の目安は
犬:50ml /kg 猫:40ml/kgです。
尿が多い場合には色にも注目してみてあげてください。犬も猫も尿の色が薄いと腎臓で尿が濃縮できていないということになり重要な疾患が隠れているのかもしれません。

気をつけるべきこと


これらのように多飲多尿は病気を知るための重要な方法の一つです。
しかも、初期は症状が出ていない可能性があるため飲水量、尿量を見ることは病気の早期発見につながります。
これからあげる水の量を計測してみたり、尿の濃さ、量に注目してみてあげてください。