映画

[感想]映画『ちょっと今から仕事やめてくる』 人生、仕事に疲れた人に観てほしい!!

今日は、amazon prime videoで映画『ちょっと今から仕事やめてくる』をみましたので、感想とともにご紹介したいと思います。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/358948/

心がスカッとして、見終わると人生や仕事に対する考え方が一変します!!
ぜひ、見てみてください。

『ちょっと今から仕事やめてくる』を無料で見るには、Amazon prime videoがおすすめです。
amazon prime videoは、月額500円で多くの名作映画を見ることができます。(学生なら半額の月額250円)
コンテンツの量も他の動画配信サービスと同等で、「映画をみることが趣味になった」と話す友人もいます。

ぜひ Amazon prime videoで映画を楽しみましょう。
Amazonプライムビデオ

 

この映画がおすすめな人
・仕事に追われている人
・仕事が辛い、辞めたい人
・自分の将来に迷っている学生
・仕事と人生について深く考えたい人

では、みどころを紹介していきますね!

あらすじ

激務により心も体も疲れ果ててしまった青山隆(工藤阿須加)は、意識を失い電車にはねられそうになったところをヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男に助けられる。幼なじみだという彼に心当たりのない隆だが、ヤマモトに出会ってから仕事は順調にいき明るさも戻ってきた。ある日隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知り……                 シネマトゥデイ

吉田鋼太郎演じるパワハラ上司

 

(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会 

吉田鋼太郎さん演じる上司の演技が非常にうまいと思いました。しっかりとパワハラ上司のうざさを感じることができます。。今時こんな上司がいるのか?こんな職場があるのか?と思いますが、ないとは言い切れないのが今の日本の現状ですよね。
この上司のせいで、社員は誰一人として自分の意見を言うことはできず職場の雰囲気は萎縮しきっています。
こんな職場では働きたくないなと思います。
主人公もこの職場や上司の影響でどんどん追い詰められていきます。

ヤマモトの存在

 

(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会


追い詰められた主人公が駅で自殺しようとした際に現れた幼なじみを名乗るヤマモトと言う男。

自由奔放で主人公を振り回しますが、主人公の暗い気持ちや悩みを解消してくれ、よき友となってくれます。しかし、ヤマモトは3年前に自殺していることを知ってから物語は謎を深めていきます。
義務として仕事をしている現代人にとっては、ヤマモトの自由奔放な行動には憧れを持つでしょう。
福士蒼汰さんの関西弁も違和感なく聞くことができましたし、はまり役だったと思います。

親の優しさ、思い

(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

主人公が仕事を辞めたいと親に告げるシーンでは涙なしには見れません。親がどういった思いで子を思っているのか、それに気づかされているシーンです。
親はいつでも子供を思っています。子供がいるから頑張れる親もいます。家族の存在は、いつでも味方してくれる存在であり忘れてはならない存在であることを再確認させてくれました。

まとめ

                                                            (C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

この映画は人生や仕事に関する名言が多く、ハッとさせられるシーンが非常に多かったと感じました。
現代は、純粋で優しい人ほど病みやすい社会であると思います。そういった社会で、もっと肩の力を抜いて生きていこうと思わせてくれます。
仕事を辞めるのは逃げじゃない。生きてさえいればなんとかなることも多いです。仕事を辞めづらい人には、ぜひみて欲しい映画です。かくいう僕もアルバイトをなかなか辞めると言い出せずに一年以上続けた経験があります。その時の僕に見せてやりたいです。

最後にこの映画に凝集されている言葉を。
「生きていれば辛いことがある。だけどどこかに必ず希望はある。希望をなければば探せばいい。見つからなければ、作ればいい。希望さえ失ってしまえば、また最初からやり直したらいい。そうやって進んでいくしかない」by 青山隆

『ちょっと今から仕事やめてくる』を無料で見るにはamazon prime videoに登録しよう!
Amazonプライムビデオ