未分類

妊婦さんは気をつけて!トキソプラズマ症

前回に引き続き寄生虫の話をしたいと思います。

トキソプラズマ症とは

今回ご紹介するのは、人獣共通感染症であるトキソプラズマ症です。この寄生虫は妊婦に感染すると胎児が先天性トキソプラズマ症にも胎盤を介して感染してしまいます。
先天性トキソプラズマ症の病態として水頭症、視力障害、脳内石灰化、精神運動機能障害などが挙げられます。
また妊婦は流産、死産の可能性が上昇するようです。

人はどのように感染するの??

人へは多くは猫の糞から感染します。また加熱が不十分な肉などにも時々存在しているため注意が必要です。(馬刺し、鳥刺しなどの生肉)

人から人へ移るの??

基本的に人から人へは感染しません。

しかし妊婦さんは気をつけて!

しかし、妊婦さんの場合は胎盤を介して胎児に垂直感染することがあります。その結果妊婦さんは無症状ですが、胎児に先天的トキソプラズマ症が発症することがあります。

対策

この病気は妊娠期間中に感染すると胎児に影響を与えますので妊婦さんは猫との接触をできるだけ避けましょう。
また、トキソプラズマ症感染が疑われる場合には、お医者さんに行って検査してもらってみてください。