未分類

  猫のフィラリア症

最近は、暖かくなってきて蚊が飛ぶ季節がやってきました。
そこで今回お話する内容は猫のフィラリア症についてです。犬を飼っている方の場合フィラリアという言葉は非常に馴染み深いですが、猫を飼っている飼い主さんにはフィラリアという言葉を知らない方が多いかもしれません。

フィラリアとは蚊が吸血することによって感染する寄生虫感染症です。
感染したフィラリア虫体は主に心臓に寄生して犬猫を死に追い込みます。

犬の場合は内服薬や注射などの予防対策が確立されていますが、猫の場合は予防対策は確立されていません。これは簡単にいうと猫の感染率が犬に比べると低いことが理由の一つであると考えられます。

しかし、猫も感染する可能性があることは間違いありません。しかも、猫はフィラリアに感染すると重篤化しやすいという特徴があり、治療法は確立されていません。

そのような状況下で猫のフィラリア予防をするかどうかについては、かかりつけの獣医師さんに聞いてみると良いかもしれません。
僕自身は西日本の病院で勤めていたことがあるので、フィラリア症例数は比較的多いと感じました。しかしその大半は犬であり、猫の症例は話は聞いたことがある程度で実際には見たことがありません。
しかし、今考えると疑わしい症例はいました。猫の場合診断キッドないのでなかなか診断に繋がりません。
このような経験の元、私の考えとしては猫にもフィラリア予防をするべきだと考えます。

猫の場合、背中に垂らす液体を月に1回するという投薬形式ですが、この投薬によりノミダニの駆除もできるのでお得です。
ぜひ猫のフィラリア予防を考えて見てください。